メディアに紹介されました!(

『かんたん入力60秒』初めての方はまず資料請求

目指せ売上100万円「未経験からサロン開業」など実績多数!説明会申し込みはこちら

なぜ、小顔矯正ではなく頭蓋骨矯正なのか?

医療系国家資格をお持ちの方へ

骨格矯正で単価アップ エステサロン・美容室経営者の方へ

触れるだけでこの結果!?ビフォーアフター実績

新着情報

学べる資格

スクールについて

スクールブログ

ボディエキスパートスクール HOME > 新着情報 > 小顔矯正で気をつける頭痛の3つのタイプ

新着情報

小顔矯正で気をつける頭痛の3つのタイプ

頭蓋骨矯正小顔矯正の時に、気を付けないといけないのが

「頭痛」です。

 

 

もともと、小顔矯正の前に頭痛などがあるかどうかヒアリングしていますが

小顔矯正で顔や頭を押すと、頭痛がぶり返す場合があります。

 

 

オステオパシーの頭蓋骨矯正は、

脳脊髄液のリズムを整え、リラックスさせますので

頭痛には最適な施術ですが、やり方を間違えると危険です。

 

 

今日は、頭痛の3つのタイプについてお伝えします。

 

 

 

慢性頭痛の「3つのタイプ」

 

 

 

1、緊張型頭痛

 

 

機能性頭痛のひとつで、日本でも約20~30%の有病率といわれ、

最も多く認められる頭痛です。

 

 

以前は筋収縮性頭痛といわれていましたが、

筋肉の収縮を伴うタイプと伴わないタイプがあり、

緊張型頭痛といわれるようになりました。

 

 

特徴は、緊張型頭痛は徐々に始まり、首筋が張る、肩がこるなどの訴えとともに、

後頭部の鈍痛がよく起こります。

 

 

痛みというよりも重い感じ、圧迫される感じ、締めつけられる感じです。

頭痛は1週間~10日ほど続くことが多いのですが、

1カ月のうち15日以上、ほとんど毎日頭痛が続くこともあります。

 

2、片頭痛

 

 

光や音で頭痛に影響します。

 

 

日常生活が妨げられる程度の痛みで、

階段の昇降など日常的な動作により

頭痛がひどくなったりすると片頭痛と考えられます。

片頭痛は女性に多く(男性の約3倍)、

比較的若い年齢層(10~40代)によく起こります。

 

 

特徴は、片頭痛は片側性のことも、両側性のこともあります。

 

 

痛みの程度は一般に強く、少し動くだけで痛みが強くなることもみられます。

 

 

頭痛の持続時間は長くとも3日以内で、

一般には睡眠により軽くなります。

 

 

3、群発性頭痛

 

 

稀なタイプです。

 

 

1~2カ月間に、連日しかも夜間、明け方のほぼ一定の時間に起こる激しい頭痛で、

その起こり方は群発性(1回起こると連日のように起こる)です。

 

 

激しい頭痛は1~2時間続き、その後自然に軽快しますが、

主に睡眠中に発症するために、

眠ること自体を恐怖に感じている患者さんも多くみられます。

 

 

以上の、3タイプに分けられます。

 

 

その中でも、直営サロンでは緊張型頭痛と片頭痛が9割を占めます。

 

 

 

 

この2つの頭痛の見極め方をあなたはご存知ですか?

 

 

 

まず、

お辞儀テストというのがあります。

 

 

・頭を下げてズキンと痛みがあったら、片頭痛

・身体を動かしても悪化しないのが、緊張型頭痛

 

 

以上!

 

 

めちゃくちゃ、簡単ですね~!!

 

でも意外と知らない方もいらっしゃるので、

知らなかった方は覚えておいてくださいね。

 

 

頭痛の施術でとても役に立ちます。

 

 

これで、どのような施術をすればいいかもわかってきますから。


2016/07/6

ライバル美容サロンは増え続けていますが、今ならまだ間に合います。サロン開業して成功したい!頭蓋骨に特化した技術を修得して売り上げをアップさせたい!もし、このようにお考えなら、いますぐその一歩を踏み出してください。まずは、お気軽にご連絡ください。説明会では詳しくご説明いたします。

無料説明会受付中!「未経験からサロン開業」など実績多数!

『かんたん入力60秒』初めての方はまず資料請求

目指せ売上100万円「未経験からサロン開業」など実績多数!説明会申し込みはこちら

PAGE TOP